« March 2006 | Main | May 2006 »

April 28, 2006

「音楽物語 in JAPAN」台湾で5月放送開始!

音楽物語 in JAPAN」。上海、北米、東南アジアでは放送始まっていますが、いよいよ5月から台湾でも放送します。東森電視娯樂台(台湾地区向け<衛星放送により、中国大陸でも受信可能>)同チャンネルは正体字(繁体字)テロップの放送。

毎週日曜日12:00~13:00
 前週放送分+今週放送分
※5月1日~21日までの間、
 月~土 11:00~11:30 初回から再放送

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 21, 2006

「超級女声」中国史上最大オーディション番組のその後

2005年の中国テレビ界・芸能界の最大の話題となった「超級女声」。湖南衛視で制作放送されたこの女性ボーカルオーディション番組は、高視聴率を獲得し、携帯電話SMS投票参加者がものすごい数にのぼったこと(擬似民主投票とも言われた)、最終選考に残った素人がたちまち超人気歌手となってしまったことなど様々な面で注目された。また冠スポンサーとなった蒙牛という乳製品飲料企業も大幅に売り上げを伸ばしたことも話題を呼んだ。

去年までの優勝者、上位入賞者たちは、大手のレコード会社や事務所と契約し、プロとして活動をはじめている。昨年優勝し一番人気の李宇春は、王菲や趙薇を手がけてきた張亞東のプロデュースで楽曲を発表し、コンサートも行っている。四位の紀敏佳も日本人のプロデューサーも参加し楽曲を発表。また一昨年の優勝者、アンジェラ(安又)は日系のエイベックスと契約、日本と台湾のプロダクションチームがサポートし中華圏でのプロモーションを行っている。

2006年、今年の「超級女声」がどうなるか様々な噂(中止や「超級男声」説など)があったが、結局女性ボーカルオーディションでいくことが発表された。今年は去年を越えるムーブメントを起こせるのか要注目である。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

April 18, 2006

「白い巨塔(白色巨塔)」そして「おしん(阿信)」中国の日本製ドラマ

今年も日中関係は政治的に厳しい状況が続いています。中国国内の世論もメディアも反日一辺倒かと思いきや、そうとも言えない動きがあります。昨年は反ファシスト戦勝利60周年で抗日戦争ドラマが多かった中国ですが、今年に入ってCCTV(中国中央電視台)で「白い巨塔(吹き替え版・フジテレビ制作)」、湖南衛視で「おしん(阿信)・NHK制作」のリバイバル放送が話題を呼んでいます。日中関係の問題のポイントは、政治家の一部の思想や行動によるもので、大衆レベルのメディア文化交流は進めるべきという中国政府のシグナルという感じがしています。NHKとCCTVの国際共同制作である新シルクロードも今年やっと中国版がCCTV1チャンネル(総合チャンネル)ゴールデンタイム(黄金時間)集中編成で放送されました。CCTVスタッフの話では中央電視台の趙勇化台長は満足の出来だったとか。なにはともあれ中国のマスメディアから読み取れる政府のメッセージはあるはずです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 15, 2006

Mnet JAPAN 開局コンサート

韓国の音楽専門テレビチャンネルの最大手「Mnet」が日本でも「Mnet JAPAN」として開局。それを記念するコンサート「M countdown In Japan」が武道館で今夜開かれた。

SHINHWA(神話)、sg WANNA BE+、シン・スンフン、チェヨン、SS501、Epic High、東方神起、紫雨林、イ・ヒョリ、パク・ヨンハ、K、天上智喜BoAなどが出演。

武道館はほぼ満席。日本でのK-POPヒットパレード形式の大型コンサートとしては、最大規模のものだと思われます。日本デビューしたRAIN(ピ)、SE7ENは出演していませんでした。全体的に盛り上っていましたが、東方神起、そしてSHINHWA(神話)のファンが多かったですね。ドラマから韓国モノにはまったいわゆる韓流ファンと、K-popファンが混在した客層でした。やはり女性が多いですね。

今後、K-pop、韓国のミュージシャン達が日本でどれくらい人気を獲得していくのか、その一つの指標としてMnet Japan(スカイパーフェクTV!ch.792)の今後に注目です。今後は地上波でもK-POPの露出が増えていきそうな予感がします。

| | Comments (8) | TrackBack (0)

« March 2006 | Main | May 2006 »