« 「音楽物語 in JAPAN」ブログ開設! | Main | 「POP JAM DX」でアジアもの »

May 09, 2006

中国でのテレサ・テン(鄧麗君)の評価とは

テレサ・テンは中華圏のスーパースターであり、歌姫として知られています。突然の訃報から久しいですが、彼女の功績や彼女に関する書籍や情報は今でも世に送りだされています。テレサは台湾をベースに活動していましたが、緊張状態にあった中国大陸でも彼女の歌は、海賊盤テープなどで一般大衆レベルで親しまれてきました。彼女の後を次ぐ世代にも影響を与え、フェイ・ウォン(王菲)もテレサのトリビュートカバーアルバムを発表しているほどです。しかしテレサと中国大陸の関係は89年の北京での事件によって決定的な亀裂を生みます。テレサが天安門広場にいた学生達を支持し、強制排除した中国政府を批判したからです。その後、中国のメディアでテレサを取り上げることは最大のタブーとされてきました。事件から10年以上たった2000年代に入っても、まだ彼女のことに触れるのは中国のテレビではタブーでした。しかし、今日見た中国のテレビでテレサを紹介する番組告知が放送されているのをみて驚きました。上海東方電視台の音楽チャンネルですがいよいよテレサも解禁されたのかと思い、時代の変化を感じています。これは去年からの国民党と共産党の再接近など、政治的な背景もあるのかもしれません。

|

« 「音楽物語 in JAPAN」ブログ開設! | Main | 「POP JAM DX」でアジアもの »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73778/9975064

Listed below are links to weblogs that reference 中国でのテレサ・テン(鄧麗君)の評価とは:

« 「音楽物語 in JAPAN」ブログ開設! | Main | 「POP JAM DX」でアジアもの »