February 18, 2006

気候大異変 中国は・・・

今日放送のNHKスペシャル「気候大異変①」。地球規模の温暖化についての各地からのリポートと将来予測が示されています。様々な問題が指摘されていますが、やはり「環境問題」も「中国」が大きな比重を占めていて、将来それは大変深刻なものになるであろうことが解ります。「環境」に関して中国とどう関われるのか?とても重い課題です。地球レベルの経済・政治の問題でもありますが、中国の人々とその問題を共有し対応するためにメディア、エンタテインメント、そして音楽に関わる人ができることは何か。坂本龍一氏、小林武史氏をはじめ、日本のアーティストで環境について考え、行動している人達がいます。その動きと連携してアジア、中国でも何かできることがあるのでは・・・。そんなことを考えています。

| | Comments (3) | TrackBack (3)

January 30, 2006

追悼 ナム・ジュン・パイク

ビデオ・アートの父 Nam June Paikが亡くなった。彼が行ったサテライトアートは、アジアのみならず世界・地球規模のものであった。アジア工作室も、少なからず影響を受けている。韓国ソウルから香港経由で日本へ。東大で美学を学び、ドイツで音楽を学んだそうだ。ジョン・ケージ、フルクサス、ビデオ・インスタレーション、サテライト・アート・・・。インターネットの時代の今、パイクなら何をするだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (1)