July 17, 2006

中国での報道~「音楽物語」公開収録大成功!

15日に上海ARKで行われた「音楽物語」公開収録に関しての中国のネットニュースです。 http://music.yule.sohu.com/20060714/n244266046.shtml

http://www.explore.ne.jp/feature/music.html

http://ent.sina.com.cn/x/2006-07-16/14461160463.html

スペシャルゲストの雅-miyavi-とMAXが紹介されています。

雅の収録には熱狂的なファンが集まり、大変な盛り上がりでした。

またMAXは「ニライカナイ」というカチャーシーなど沖縄をモチーフにした楽曲や、「Ride on time」の中国語版などを披露。広東からのファンも来ていて、これもまた盛り上がりを見せました。

司会は張軍とケディ・ティン(元ブラックビスケッツ)。

[音楽物語 in JAPAN]の放送は7月末から8月にかけて4週にわたって予定されています。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

July 14, 2006

音楽物語 in JAPAN 2006 SUMMER!

音楽物語の初の公開収録が7月15日(土)上海新天地ARKにて行われます。

ゲストは雅-miyavi-とMAXの2組。

司会は、張軍とケディ(元ブラックビスケッツ)。

詳細は・・・番組公式サイト(中国語のみです!)

| | Comments (1) | TrackBack (0)

June 01, 2006

上海のオーディション番組 いい男を探せ!?

湖南衛視「超級女声」によって巻き起こった中国のオーディション番組ブーム。湖南に負けじと上海のテレビ局(SMG:上海メディアグループ)もオーディション番組を始めました。

その名も「加油!好男児」。訳すと「頑張れ!いい男」。「超女」が女の子らしくピンクのビジュアルイメージでアピールしたのに対し、こちらは男っぽく黒地に金のロゴ。4月から上海、広州、沈陽、武漢、杭州、成都の6地区で地区大会が始まり、いい男オーディションが始まっています。テレビ局も遼寧、湖北、杭州、四川の各電視台との連合主催。SMGは東方衛視と文芸チャンネルで放送中です。SMGとしてはかなり力を入れているようです。

「好男児」はライカが冠協賛ですが、他にも清涼飲料のスプライトが冠スポンサーになったオーディション番組「我型我SHOW」も始まっています。こちらは女性も男性も参加できることで差別化されているようです。

しかし現在、中国ではCCTV、その他地方電視台、ネットも含めてオーディションだらけ。このなかから「超女」を超えるオーディション番組が生まれるのか?これも注目です。

| | Comments (1) | TrackBack (2)

May 09, 2006

「POP JAM DX」でアジアもの

5月からほぼ月一回のペースで新年度の放送が始まったNHK「POP JAM DX(ポップジャムデラックス)」。時間帯が夜10時台、時間も90分ほどに伸び、「SMAP×SMAP」の裏でどのような内容になるのか気になっていました。ご覧になった方はいろいろな感想があると思いますがここでは、毎回アジア各国のアーティストが登場するという点に注目したいと思います。第一回目は韓国K-POPから「東方神起」「リュ・シオン」の2名がNHKホールに登場しました。「東方神起」に関しては、「Rising sun」(日本語バージョン)を披露。生ボーカルで勝負したためマイクが邪魔になり持ち前の切れのいい華やかなダンスパフォーマンスが完全なかたちで見れなかったのが残念でした。また楽曲ももともと韓国語のリズムを活かしたグルーヴとキレが魅力でしたが、日本語詩になったためソフトな印象でした。またテレビサイズという短いバージョンだと楽曲の良さがなかなか伝わりにくいかなという気がしました。「東方神起」の登場前にVTRで日本にも進出している注目のアジア各地のアーティストが紹介されていました台湾は「周杰倫(zhou jie lun/Jay Chou /ジェイ・チョウ」「王力宏(ワン・リーホン)」「F4」、韓国は「SHINHWA(神話)」といったところ。次回Rain(ピ)が登場する予定とか。まずはステージにあがるのはK-POP勢のようですが、「華流」とも呼ばれる中華圏やその他のエリアからの出演があるのか今後も注目です。

| | Comments (1) | TrackBack (1)

中国でのテレサ・テン(鄧麗君)の評価とは

テレサ・テンは中華圏のスーパースターであり、歌姫として知られています。突然の訃報から久しいですが、彼女の功績や彼女に関する書籍や情報は今でも世に送りだされています。テレサは台湾をベースに活動していましたが、緊張状態にあった中国大陸でも彼女の歌は、海賊盤テープなどで一般大衆レベルで親しまれてきました。彼女の後を次ぐ世代にも影響を与え、フェイ・ウォン(王菲)もテレサのトリビュートカバーアルバムを発表しているほどです。しかしテレサと中国大陸の関係は89年の北京での事件によって決定的な亀裂を生みます。テレサが天安門広場にいた学生達を支持し、強制排除した中国政府を批判したからです。その後、中国のメディアでテレサを取り上げることは最大のタブーとされてきました。事件から10年以上たった2000年代に入っても、まだ彼女のことに触れるのは中国のテレビではタブーでした。しかし、今日見た中国のテレビでテレサを紹介する番組告知が放送されているのをみて驚きました。上海東方電視台の音楽チャンネルですがいよいよテレサも解禁されたのかと思い、時代の変化を感じています。これは去年からの国民党と共産党の再接近など、政治的な背景もあるのかもしれません。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 02, 2006

「音楽物語 in JAPAN」ブログ開設!

「音楽物語 in JAPAN」のブログが開設されました。

中国では簡体字で「音乐物语 in JAPAN」

台湾エリアでは繁体字で「音樂物語 in JAPAN」

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 28, 2006

「音楽物語 in JAPAN」台湾で5月放送開始!

音楽物語 in JAPAN」。上海、北米、東南アジアでは放送始まっていますが、いよいよ5月から台湾でも放送します。東森電視娯樂台(台湾地区向け<衛星放送により、中国大陸でも受信可能>)同チャンネルは正体字(繁体字)テロップの放送。

毎週日曜日12:00~13:00
 前週放送分+今週放送分
※5月1日~21日までの間、
 月~土 11:00~11:30 初回から再放送

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 21, 2006

「超級女声」中国史上最大オーディション番組のその後

2005年の中国テレビ界・芸能界の最大の話題となった「超級女声」。湖南衛視で制作放送されたこの女性ボーカルオーディション番組は、高視聴率を獲得し、携帯電話SMS投票参加者がものすごい数にのぼったこと(擬似民主投票とも言われた)、最終選考に残った素人がたちまち超人気歌手となってしまったことなど様々な面で注目された。また冠スポンサーとなった蒙牛という乳製品飲料企業も大幅に売り上げを伸ばしたことも話題を呼んだ。

去年までの優勝者、上位入賞者たちは、大手のレコード会社や事務所と契約し、プロとして活動をはじめている。昨年優勝し一番人気の李宇春は、王菲や趙薇を手がけてきた張亞東のプロデュースで楽曲を発表し、コンサートも行っている。四位の紀敏佳も日本人のプロデューサーも参加し楽曲を発表。また一昨年の優勝者、アンジェラ(安又)は日系のエイベックスと契約、日本と台湾のプロダクションチームがサポートし中華圏でのプロモーションを行っている。

2006年、今年の「超級女声」がどうなるか様々な噂(中止や「超級男声」説など)があったが、結局女性ボーカルオーディションでいくことが発表された。今年は去年を越えるムーブメントを起こせるのか要注目である。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

April 15, 2006

Mnet JAPAN 開局コンサート

韓国の音楽専門テレビチャンネルの最大手「Mnet」が日本でも「Mnet JAPAN」として開局。それを記念するコンサート「M countdown In Japan」が武道館で今夜開かれた。

SHINHWA(神話)、sg WANNA BE+、シン・スンフン、チェヨン、SS501、Epic High、東方神起、紫雨林、イ・ヒョリ、パク・ヨンハ、K、天上智喜BoAなどが出演。

武道館はほぼ満席。日本でのK-POPヒットパレード形式の大型コンサートとしては、最大規模のものだと思われます。日本デビューしたRAIN(ピ)、SE7ENは出演していませんでした。全体的に盛り上っていましたが、東方神起、そしてSHINHWA(神話)のファンが多かったですね。ドラマから韓国モノにはまったいわゆる韓流ファンと、K-popファンが混在した客層でした。やはり女性が多いですね。

今後、K-pop、韓国のミュージシャン達が日本でどれくらい人気を獲得していくのか、その一つの指標としてMnet Japan(スカイパーフェクTV!ch.792)の今後に注目です。今後は地上波でもK-POPの露出が増えていきそうな予感がします。

| | Comments (8) | TrackBack (0)

February 26, 2006

フラッシュ(FLASH)アニメのプロモーション力 

フラッシュアニメでの楽曲の流行は、中国が先行していました。2001年頃、雪村が作った「東北人(東北人都是活雷鋒)」というコミックソングに、ネット上でフラッシュアニメ動画をつけた人がいて、それが口コミで大流行したわけです。その後、正規版も発売され雪村はスターの仲間入りをしました。今思えばその後の、インターネットから流行歌が生まれる現象の先駆けでした。日本においてフラッシュアニメでの楽曲の流行はご存知の「マイヤヒー」ですが、中国の東北人から4年経っていることはある種の感慨があります。

さて、最近の気になるフラッシュアニメソングは「やわらか戦車」。ラレコ先生の作で、楽曲とアニメも本人が作っているらしいです。このクオリティは制作チームを組んでいるのかもしれません。すでにライブドアのインターネットアニメの人気コンテンツになっているようです。今後もフラッシュアニメに要注目です。

| | Comments (0) | TrackBack (1)